i-RAM発売、SATA接続のギガバイトRAM DISKカード
6月のギガバイトエキスポin秋葉原でデモされていたギガバイトのi-RAMが、9月29日夕方には、複数のショップで販売が始まっていた。「i-RAM」は基板上に4本のDIMMスロットを搭載し、装着したメモリーを「SATA接続のHDD」として利用できるようにするもので、ベンチ内容次第では、SATAの転送速度の限界までのパフォーマンスを出すとされているもの。最初に出回る数量は少ないとの話も。【追記】翌30日は1コも見かけず。



6月のギガバイトエキスポin秋葉原でデモされていた,ギガバイトRAM DISKカード「i-RAM」が、9月29日夕方に複数のショップで販売が始まっていた。29日の夕方に「i-RAM」を販売していたソフマップシカゴでは、「i-RAM」の空パケを持ったスタッフが、店頭で入荷の案内をしていた。

i-RAMはPCIコネクタ付きの基板上に4本のDIMMスロットを搭載し、装着したメモリーをSATA接続のHDD代わりとして使用できるもので、ベンチマーク次第では、SATAの転送速度の限界までのパフォーマンスを出すとされているもの。

「i-RAM」の前評判は高いけど、最初に出回る数量は少ないとの話もある。

ソフマップシカゴ
「i-RAMついに入荷しました!」
パケ裏面には、各種ベンチマーク
メモリーを2枚つけたi-RAM
メモリー4枚装着例
ギガバイトRAM DISKカード「i-RAM」は、カードに装着したDDRメモリーを、SATA接続(SATA1.0インターフェース)のHDD代わりとして使えるようにするもの。

「i-RAM」のパッケージでは、従来の7200rpmのSATA接続HDDよりも、Windows XPの起動で13倍、Sandra 2005のファイルシステムベンチマークで8.7倍程度までのパフォーマンスを発揮するとなっている。 インプレスの発売前レビューでは、読み込み速度133MB/secを確認している。

DDRメモリ対応スロットが4本あり、マニュアルによるとDDR 266/333/400メモリを、最大4GBまで装着可能となっている。また、PCの電源がOFFの状態でも、PCIスロットの給電でメモリー内容を保持できるほか、PCから取り外した状態でも、カード上あるリチウムイオンバッテリーにより最大16時間(メモリによって異なる)は、データを保持できるとされている。

「i-RAM」のシステム要件は、インテルICH6/ICH7シリーズ、VIA8237シリーズ、SiS 964またはULi M1689サウスブリッジをベースにしたシステムで、マザーボードのオンボードRAIDチップのサポートは、今後ギガバイトホームページで公開予定とのこと。そのほか、マニュアルでは、推奨対応メモリーも紹介されている。

カクタソフマップ
ワンネス
ラオックス ザ・コン
29日にアキバでギガバイトRAM DISKカード「i-RAM」を販売していたのを見かけたのは、ソフマップシカゴのほか、俺コンハウス、カクタソフマップ、ワンネス、ラオックスザ・コン。

最初に出回る数量は少ないとの話もあるように、akiba2GO!によると、「i-RAM」の予約受付をしていたお店(高速電脳、、ZOA秋葉原本店、USER'S SIDEなど)では予約分で完売らしく、高速電脳ではカウンター中に「i-RAM」があったものの、店頭には出ていなかった。

ちなみに、某ショップでは「i-RAM」の初回入荷数は、10本台だったとのこと。【追記】翌30日にはソフマップシカゴ、俺コンハウス、カクタソフマップ、ワンネスの店頭では、「i-RAM」を見かけなかった。ザコンは未チェック。

【関連記事】
「前人未聞 史上最速」を主張する「i-RAM」のデモ ギガバイトエキスポin秋葉原2005で

【関連リンク】
あのi-RAMが再入荷、予想通り即売り切れ──週末販売予定のショップも (2005/12)
上田新聞Blog版さん i-RAMを買ってみた ベンチマークや取り付けた感じとか
GIGABYTE i-RAMのリンク集

GIGABYTE/iRAM 初回の日本向け出荷数は700枚
ついに「i-RAM」の販売が開始! ただし流通量はわずか!(akiba2Go!)
SATA接続のGIGABYTE製RAM DISKカード「i-RAM」がデビュー (アキバPCホットライン)

不揮発性RAMディスク「i-RAM」製品紹介 ベンチマークや、i-RAMでのRAIDのベンチも
ギガバイト「i-RAM」ファーストインプレッション〜読み込み速度133MB/secを確認
「i-RAM」のデモをTSUKUMO eX.で実施中! ファイルコピーはHDDより約5.5倍速い! 
OCWのGIGABYTE i-RAMのレビュー
アキバ店員のPCパーツウォッチ(SATA接続RAM DISK「iRAM」)
i-RAMにLinuxを入れてHDDなしで使おう計画 ソースめっつぉさん



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 00:02| アキバPC関連[2005]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/167

トラックバック

i-RAM ギガバイトの最先端技術により、i-RAM(GC-RAMDISK)は開発されました。 最大の特徴は、通常のハードディスク

i-RAM(GC-RAMDISK) 【ボーっとしてても時間は過ぎてゆく】 at 2005年09月30日 15:40