【コラム・ネタ・お知らせetc】一迅社 編集長、ミクロシスターUNIを存分に語っちゃっう
木村:はじめまして、一迅社書籍編集部編集長の木村です。 この度アキバBlogさんのご好意でコラムを書くことができ、非常に嬉しい限りです。 わたしはご好意は甘え倒す主義でございまして、たっぷりこれでもかと弊社をアピールしてしまいますが、ええー、その前にまずはわたしのプロフィールからご拝聴くださ…助手Y:いりませんよ、そんなもの! 



木村:いや、まずは自己紹介をするのが大人。礼儀というものだろう!

助Y:木村さんの自己紹介など不要ですし、すでにもうREX編集部副編集長が一迅社の説明もしてますから、お薦めのコンテンツのみコラム風にしてもらえればいいんです!  あなたの負け犬人生をえんえん語られても迷惑です!

木村:きさまあああ! わたしのどこが負け犬なんだ!

助Y:全身負け犬です!!

木村:オーマイガー!表に出ろ、ごおら!!

助Y:何興奮してるんですか?事実なんだからいいじゃないですか、照れなくても!

木村:照れてるんじゃないだろ、ブチキレてんだろ!

助Y:もお、テキストの無駄ですから、さっさと面白書籍企画の話をしましょうよ、世話の焼ける人だなあ!

木村:失礼極まりないやつめ! 超ムカツクが、7月企画の「ミクロシスターUNI-2006ミクロマンパラレルワールド-」クロアバージョンとアウラバージョンの2種を語りたいからこの場は許す。が、後で殴る!

助Y:教育委員会に言い付けます!

木村:子供かよ!

助Y:って、ミクロシスターUNI(ユニ)を、編集長自ら存分に語っちゃっうわけですね?

木村:ふむ! 7月27日発売のオリジナルミクロマン付き書籍「ミクロシスターUNI-2006ミクロマンパラレルワールド-」は、画期的な書籍なのです。どこが画期的かというと、タカラさんがこれまで何十年もの間シリーズ展開されてきたミクロマンを、新たな解釈のもとキャラクターデザインしたオリジナルミクロマンがそれぞれ1体付いているのです!

助Y:新たな解釈ってどういうことなんですか?具体的に教えて下さいよ

木村:これまでのミクロマンシリーズは、ミクロアクションシリーズと着ぐるミクロマンシリーズは別として、ストイックな世界観のもと、頭身や顔かたちもリアルな人間の造形を極めてきたわけなのだが、このUNIの2人の女の子クロアとアウラは、頭身からフェイス、コスチュームまで"キュート"という概念をデザインに盛り込んだのです!

助Y:要はこれまでになかった"可愛らしいミクロマン"なんですね?

木村:その通り! しかし驚くなかれ! 見た目は"キュートなミクロマン"なのに、世界設定は本家同様にストイック、付属アイテムも素晴らしく懲りに凝ったカッコイイ武器が盛り沢山なのです!

助Y:そのアイテム類も教えてくださいよ!

木村:はーい! こんな感じですな!

ミクロシスターUNI(ユニ) クロアバージョン



助Y:活発系のクロアは眼帯フェイスもあるんですか?カッコイイかも

木村:だろ? なんか、ぶたれたい!って思うよな?

助Y:それ、間違ってます!

木村:両手のグローブが斬新だよなあ、イカス!

助Y:クールってやつですね!

木村:そうそう。で、お淑やか系のアウラは……

ミクロシスターUNI(ユニ) アウラバージョン


助Y:メガネっ娘ですか。わたしは牛乳瓶の底みたいなシックなメガネが好きなんですよ

木村:どこがシックなんだよ、ベタベタじゃねえか!

助Y:この銃も独特ですねえ?

木村:データ収集機能を持った優れモノなのだよ!

助Y:なんかすごい楽しみになってきました!

木村:極端なやつだな

助Y:あっ、でもミクロマンと言えば可動部位が多いのが特徴じゃないですか? オリジナルのミクロマンと比べてどうなんですか?

木村:よくぞ聞いてくれた! 可動部位はミクロマンと同じ驚異の30部位可動!! 可愛くグリグリ動きままくるからポージングも自由自在! 近ごろは運動不足で体が動かないなんて人もいますから、そんなあなたより可動しますよ、マジで!

助Y:借金で首の回らない木村さんといっしょにしないでください!

木村:うまいな、君!って納得してどうするんだ、わたし!

助Y:付録のオリジナルミクロマンはわかりましたが、肝心の書籍部分も気になるんですけど?

木村:そちらも万全! ほらこの通り!

ミクロシスターUNI(ユニ) の書籍部分 





木村:中山かつみ先生のキャラクターデザイン原案を掲載したり、オリジナルの設定を新たに構築した木村航先生の小説や、クロア視点のお話を菅野博之先生が担当し、アウラ視点のお話を中山かつみ先生が担当してコミックを描き下ろします! 2人の女の子がどんな活躍をするのか本当に楽しみです!

助Y:だいぶわかってきましたよ。ではそろそろまとめてくださいよ

木村:そうだな、しかし、漫画家の中山かつみ先生がミクロマンスキーが高じて、わたしに相談しにきたことが企画の発端なんだが、まさかタカラさんにこういった新たな解釈を認めていただけるとは思いませんでした。やはりタカラさんはすごい! もといタカラトミーさんは太っ腹だ!

助Y:あんたは腹が黒い!

木村:うぜえよ! とにかく企画原案、キャラクターデザイン、コミックまで八面六臂の活躍をしていただいた中山かつみ先生と、素晴らしい素体を作っていただいたタカラトミーさんが本書の最大の功労者なのです。本当にありがとうございました。ってまだ発売されてないんですよね。というか、重要なことを忘れてた!

助Y:そうなんです! なんと本書「ミクロシスターUNI-2006ミクロマンパラレルワールド-」クロアバージョンとアウラバージョンの2種は限定受注生産なのです!

木村:締め切りっていつだっけ?

助Y:なんと4月20日なんです!もう数日しかありません!!ひぃい、どうしましょう!!!

木村:こ・の・う・ら・み・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か!!

助Y:なんでここで「エコエコアザラク」のセリフが出るんですか、わけわかりませんよ!

木村:いや、なんとなく、買えなかった人に恨まれそうで、そうなる前に君を恨んでおこうかと

助Y:あんたが恨まれろ!

木村:今ならまだ間に合うかも! 一迅社のホームページをチェックしてね、秘密ですよ!

助Y:秘密もクソもないでしょ!

木村:では恨みっこなしということで、シュタッ!!

助Y:シュタッ!!ってなんですか? 意味不明っすよ

木村:ともかく、わたしが素晴らしい人間で、本書が素晴らしい本だってことがわかっていただけたと思う。それではみなさん、ごきげんよう!




助Y:ちょっと待って! もう一つとっておきの書籍があったでしょ!

木村:なんと! スキのない突っ込みやね!

助Y:4月27日発売の魔法学園アヴィリオン マスターブック【AA】も、なかなかどうして侮れませんよ!

木村:そうなんですよ、竹本さん!

助Y:だれですか?

木村:日本全国の30万人の竹本さんに届くようにと……ええい!



助Y:バカはほっといて、ええ、本書は携帯型MMORPG(多人数参加型ネットワークRPG)であるこのゲーム内で使えるオリジナルアイテムがもらえてしまうという特典付きなのです! 巻末Qコードを利用してオリジナルアイテムをゲット! そのほか充実の序盤攻略、モンスター&アイテムリスト、スタッフ自身によるオリジナルショートストーリー、そしてキャラクター他の設定ビジュアルがこれでもかと爆裂盛りです!!

木村:最近はケータイゲームも隆盛著しいわけで、全国の「魔法学園アヴィリオン」ファンの竹本さん、本書も大注目ですよ!


助Y:なんだか長々とすごいテキスト量ですねえ?

木村:そうだな、たぶん途中で30万人の方々は投げ出しているから、ここからは一迅社の悪口でも書くか?

助Y:止めて下さいよ、みっともない!

木村:なにお、こら!(ゴツン!)

助Y:ああ、信じられない、この人、本当になぐりやがりました!!

木村:うーん、なんかスッキリした! では本日はこれまで! アキバBlogさん、ありがとうございました!!みなさん、また会う日まで、おたっしゃでええええ!


一迅社 書籍編集部:木村&助手Y

ミクロシスターUNI-2006ミクロマンパラレルワールド-クロア-【AA】
ミクロシスターUNI-2006ミクロマンパラレルワールド-アウラ-【AA】  

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 06:25| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1270

トラックバック

時代を超えて、ミクロマンが萌えキャラに大変身 既に、店頭では、密かに予約売れつけもはじまっていたりして、ちょっと楽しみ

Micro Sister UNI(ミクロシスターユニ) 予約受付中 【名古屋・大須電波ニュース】 at 2006年04月17日 13:40

アキバBlogさん http://www.akibablog.net/archives/2006/04/etcuni.html 助Y:そうなんです! なんと本...

[ミクロマン]一迅社 編集長、ミクロシスターUNIを存分に語っちゃっう 【ミクログ】 at 2006年04月18日 23:04