【コラム・ネタ・お知らせetc】スターリンク 橋本みゆきさんのレコーディング現場潜入
某月某日。会社のスケジュールをチェックしていると、『橋本みゆきレコーディング』という記述を発見しました。(橋本みゆきさんのレコーディングかぁ……行きたいなぁ)
――数日後のスターリンク会議室にて、 「えーと、アキバBlogさんの次回のネタですが……」



『コドモの日記念☆橋本みゆきさんのレコーディング現場に極秘潜入?!』の巻

と、言うわけで来てしまいました☆ここは都内某所にあるレコーディングスタジオ。

いつもと違う環境に私のテンションもかなり右上がりである。おお!マイクが大きい!
カラオケでいつも使っているマイクと大違いだ!何だ?この金魚すくいの網は。リップノイズ?
それっておねーちゃんたちのリップサービスとどう違うんだ?

おお!壁にスポンジが貼ってある。音を吸収するらしいぞ!
言われてみれば声が響かない……かな?

取材と言う名の下にスタジオ内をウロウロしていると、1つの部屋に迷い込んだ私。
そこにはデジタルミキサーの前で作業をするエレメンツガーデン藤田淳平さんの後ろ姿があった。

流石は某アニメの主題歌でオリコン入りした作曲家の後ろ姿。
何処となく後光が射しているようにも見える。
そういえば、肝心要の橋本みゆきさんはどこに居るのだろう?姿が見えない。

『〜〜〜〜〜♪』

もしかしたら無駄足(軽く失礼)だったかもしれないと不安に駆られる私の背後から、清々しい女性の歌声が聞こえてきた。

(ま、まさか!)

逸る気持ちを抑えながらゆっくりと振り向く私。
そこには重厚なドアが立ちはだかっていた。

だがこの程度のドア、私を阻む理由になどならない!
後ろから上司が制止する声が聞こえていたが、気にせず覗き込む私。上司が私の背中を叩く衝撃も、私が目の前で見たものの衝撃には遠く及ばなかった。


そこにいらっしゃったのは……。

ほ、本物の橋本みゆきさんだー!!

凄いよ!歌ってるよ!息してるよ!動いてるよ!
いつも私が会話している二次元の女の子達とは大違いだよ!(度を越して失礼)

あまりの衝撃に失禁さえ辞さない私だったが、ここで失禁すると橋本さんから軽蔑されてしまう!私は膀胱に力を込め、大人しくレコーディングを見学させてもらう事にした。


〜〜レコーディング中・そして終了〜〜


す、素晴らしい!テンポのいい曲調が橋本さんの透き通るような爽やかな歌声とマッチして、まさに夏から秋へと移り変わる季節の風のような爽やかなイメージを作り出している!歌を通しで聴き終わった瞬間、滂沱の涙を流してスタンディング・オベーションする私。

え!?これでまだ八割の出来?

これから歌にあわせて曲を再調整するんですか?これからさらに良くなるであろう完成品を皆さんにまだ聴かせられないのが本当に心苦しい。


ありがとう!橋本みゆきさん!
私はあなたに出会えた事が何よりの喜びです!

註・あまりの感激ぶりに橋本みゆきさんに握手を求めた私。
   そんな失礼な私の要求ににこやかに応えてくれた女神、橋本みゆきさん。



そしてありがとう!藤田淳平さん!さすがオリコン作曲家です!
あなたがいなければこんな素晴らしい曲は出来ませんでした。

どうぞ私を人間椅子として使ってください!嬉々として藤田淳平さんに傅く私。
残念ながら「腕がプルプルしてるから座りにくい」と却下されてしまった。
普段の運動不足がこんな所で祟るとは……。




註・本当に素晴らしい曲に感動する私と快く握手をしてくれた藤田淳平さん。

藤田淳平さんの椅子にも、橋本みゆきさんの下僕にもなり損ねてしまったが、こんないい歌を生で聞くことが出来た私は、ホクホクとした気持ちで帰宅した。職権乱用バンザイ!!

スターリンク


「お二人とも、すばらしい曲をありがとうございます!」

作曲家:藤田淳平さん & 歌姫:橋本みゆきさん

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 04:02| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1376