【コラム・ネタ・お知らせetc】バンダイ つれづれ黄金週間 秋葉原・お台場・有明
拝啓、アキバにゆかりの深い皆さま、こんばんは。バンダイ ベンダー事業部の担当Tでございます。世間は黄金週間真っ只中ですが如何お過ごしでしょうか。私はと言いますと、引き篭もってPSPのレミングスなどをやり込んでおりましたが、途中で手詰まりしてしまったので、天気もいいことだし、仕方なく5日は外に出ることに致しました。


私この連休はアキバには出ないことを心に決めておりました。理由は諸兄の皆さまも昨今の彼地の状況からお心当たりがございますでしょうか。 彼地のことはアキバblog様を拝見するとして、今日はお台場あたりに行ってみようかと思い至ったのでした。愛用のオリンパスE300で埠頭の 風景でも撮ろうかとお供にしまして。


お台場のDECKSで 偶々トークショウに遭遇した加藤夏希嬢に『○ァムー!』と声を掛ける勇気もなく、外で風景を撮ろうにも浜辺は幾多のアベックが 仲睦まじく。なんとなく居場所を喪った気持ちで早々に台場駅に戻ったところ、お隣の『有明』からやってくるゆりかもめに得も謂われぬ熱気を感じるのでした。 レアトイをいっぱいに抱えた殿方、誰某の新刊を買い損ねたと悔しそうに話すお二人連れ、某社の大きな紙袋を下げたご婦人方・・・その誰も彼もが初夏 の陽光に負けぬ輝きを放っているように見えるのでした。ふと自分の手元を見るとゆりかもめ一日回遊券。気がつくと新橋に向かうはずの足は反対側のホーム へと向かっていたのでありました。

WHF、コミティア、ドルパと、お世話になっている方々にご挨拶しつつ廻っていますと、なんだか少し元気を取り戻したような気になりました。残念なことに 愛機E300は電池を家に忘れてしまったため出番がありませんでしたが・・・。一度にこの3つの催しを体験できるこの有明の稀有なる状況に関しては、ここで 語るには時間が足りませんので機会を改めさせていただきますが、私がふと想いますのは、観光地化した『秋葉原』、観光地として生まれた『お台場』、観光と無縁の聖域 としての『有明』という3つの土地が、自分の中で何とも言えない違和感を持って連なっていることの気持ち悪さです。
  
『秋葉原』は類稀な『趣都』としてハレを日常化し、さらに本来のハレの場である『有明』という箱と強い連携をとりつつ発展してきたわけですが、昨今の開発で秋葉原は その"祭り"を見世物として曝け出すことになってしまいました。そこにはフジテレビを見学に来るのと同じ位相に立つ観光客がいるのです。

個人的立場としては、 秋葉原も街である以上それを受け入れ、昇華することを夢想するものですが、現在様々な面でその難しさを感じさせる話を聞くに付け、勝手な無力感に襲われたり するのでした。
  
そんなもやもやとした思いに取り付かれながら帰路につき、車中もちろん私には解決策など思いつくはずもなかったのですが、ふと、背中を押されるように秋葉原駅で 電車を降りました。最低限、我々がこの街を通り過ぎるようになってはいけないのではないかと。さもなくば、台場が有明に侵食してくる日も遠くはないのではないかと いう薄ら寒い危惧とともに。

つまらない話が長くなってしまいました。それでは皆さま、連休も残り僅かですが、有意義に過ごされますようお祈り申し上げます。

敬具

バンダイ ベンダー事業部 担当T

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 06:04| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1378