【コラム・ネタ・お知らせetc】虎の穴 「虎ノ門」と間違えられるんです
ぃょぅ! アキバBlogをご覧の皆様こんばんは、とらのあな。です。今回は「メタルのメ」にアクセントを置いて発音したら、メタル社員に粛清された新人しま素が担当致します。今日は『とらのあな』社名の由来について暴露しちゃいます!上司に「ツマンネ( ゚д゚)、」と一蹴されながらも、このお題を選んだのには訳があります。


これが「トラノォ〜・・モォォンン?」と読まれてしまった看板。よく見るとTORANOMONに見えなくもない?
現在、事務所が入っている
ビルの案内板
以前のコラムでもご紹介した
創業当時の1号店の場所

今日は『とらのあな』という会社をよく知って頂くために、社名の由来について暴露しちゃいます!上司に「ツマンネ( ゚д゚)、」と一蹴されながらも、このお題を選んだのには訳があります。
というのも信じられないくらいの頻度で、「虎ノ門(とらのもん)」と間違えられるんです。

先日秋葉原1号店の取材をして頂いた外国の方も、撮影中「トラノォ〜・・モォォンン?」とのたまわって言ってました。「TORANOANA」というローマ字の看板を見ながらの間違いだったので、どうやらワールドワイドにミスリードするミラクルワードのようです。ごめんなさい、こんな素敵な社名でごめんなさい。確かに"しりとり竜王戦"とか面白いですからね。あ、そっちの虎の門じゃない?

さてさて本題ですが、実は社名の由来には諸説諸々あり、一説ではアニメ「タ●ガーマスク」に登場したレスラー養成の訓練所「虎の穴」を参考にしたと言われています。これは弊社が行っている同人誌の流通販売が、クリエイターの作品発表の場を広げ、意欲的な創作活動を促すことからきています。

また、今から遡ること12年前のお話になりますが、コミックとらのあなはある小さなビルの一角からスタートしました。スタートした時のコミックとらのあなは、薄暗い階段を上り、狭い通路を抜けてようやく辿りつく、小さな小さな店舗でした。意を決して突入した先にあるお宝の数々、まさに『虎穴に入らずんば虎子を得ず』。そこは「虎の穴」と呼ぶに相応しいスポットでした。もうこれ以上は言わずもがな、ですね。

ちなみにこれまたよく間違われるのですが、正式名称はコミックとらのあなであり、「とらのあな」でも「虎の穴」でもございません。さらにややこしいことに『コミックとらのあな』は店舗の名称であり、会社の名称『株式会社 虎の穴』だったりします。もう何がなんだかサッパリ解りませんよね。そんなときはどうぞお気軽に『とらのもん』と呼んでください。笑顔で粛清して差し上げますので☆

以上、しま素のとらのあな講座でした。また再来週にぃょぅ!

株式会社虎の穴 しま素

【バックナンバー】
いつでもどこでもチュー
とらのあな秋葉原2号店、1号店と統合
アキバ!AKIBA☆あきば の収録は"会議室"

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 06:27| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1521