【コラム・ネタ・お知らせetc】富士見書房 ドラゴンエイジVol.2製作真っ最中
野良猫の「ねぎ」君アキバBlogをご覧のみなさん2週間ぶりのコンニチハ! 富士見書房 コミックグループ ドラゴンエイジ編集部でございます。最近雨が多くなってきましたよね。このまま梅雨入りでしょうか?富士見書房に住みついている、野良猫の「ねぎ」君も雨が多くてゴキゲンナナメ。カメラを向けてもふてくされ顔でございます。本当はもっと愛らしい奴なんですよ!?(笑)


【今週の企画その1 編集者の独り言】
こんな感じで作家さんから下描きが届くと、打つべし! 打つべし! とばかりにTXT打ち
そうすると右のような状態でシートが出てくる訳です

曇り空が多く、ジメジメとした日が続いておりますが、そんな天候にも負けず編集部の方はムンムンと凄い熱気に包まれております。ドラゴンエイジPure Vol.2の発売日も6月29日に決定し、編集作業が佳境にさしかかってきているのです。ということで編集部の方も修羅場モード(※1)になってきました。

写植指定用の下描きがバンバンとFAXで届いており、打つべし! 打つべし! とばかりにTXT打ちをして、写植指定(※2)に追われる毎日です。そうすると写真のような状態でシートが出てくる訳です。これを誤植がないか再度校正をして、写植屋さんにOKを出すと…。

こんな状態で写植が完成します
私の担当作品の累計ページ数を考えると、
なんと合計400Pも_| ̄|○||| 

こんな状態で写植が完成します。アナログ原稿の場合はこの写植をペタペタと貼り付けることになりますが、データ原稿の場合は写植をスキャニングしてデータ化し、画稿上に写植のデータを組み込んだりもします。ということで今現在、ひたすら写植の指定をする毎日なのですが、私の担当作品の累計ページ数を考えるとなんと合計400Pも_| ̄|○||| どこから手をつけようかなぁ…と、ちょっと途方にくれてます…(笑)。

※1)某ゲームの修羅場モードと同義(笑)。連日徹夜が続くことを言います。

※2)写植とは漫画のフキダシの中にある台詞を書体と文字の大きさを指定して打ち出したもの。
キャラクターの感情にあわせて、書体を変えたり文字の大きさを変えたりして、作品の雰囲気をより盛り上げるための大きな要因の一つとも言えます。


【今週の企画その2 ドラゴンエイジPure Vol.2 掲載ラインナップ発表!!】
前回のコラムでお知らせした通り、ドラゴンエイジPure Vol.2のラインナップを発表しちゃいます!前号Vol.1から3作品増え、合計16作品。しかも中16作品中9作品が新規作品となっているのだっ!!

今回は作品ラインナップ発表第1弾という事で、ドラゴンエイジPure Vol.2新規作品9本のうち
まずはオリジナル作品3本を紹介しちゃいます。

■「クリムゾングレイヴ」 三宅大志

すぱすぱの作者が贈る待望の新シリーズ。「すぱすぱ」とはガラリと雰囲気を変えての展開でお届けするぞ!?

 ちょっぴりお色気アリ!?笑いアリ!?で、第1話は大増72Pでお届けだ!! 三宅大志の新たな魅力に注目せよ!!


■「胡蝶ノ姫 〜Butterfly Princess〜」 水谷悠珠

小さい頃は、男の子、女の子、関係なくいつも一緒に遊んでいたのに、いつの間にか別々に行動するようになって…。

お互いを意識し始めるのっていつからだろう? 子供から大人への第一歩。少女の成長を水谷悠珠が描く!!

■「シードマスター 宇宙人に片想い!?」 MAKOTO2号

憧れの幼なじみはなんと宇宙人だった!? 秘密を見られたからには生かしておけぬ!? 宇宙人のヒロインに追い掛け回される主人公の運命は!? 

このままヒロインにアブダクションされてしまうのか!? MAKOTO2号が描くドタバタストーリー。

とこんな感じで注目の新作を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? これを見て読者のみなさんが新規作品に興味を持っていただければ幸いです。次回更新でも、今回紹介できなかったオリジナル作品を中心に最新情報をお伝えできればと思います。メイドガイフィギュアの続報なんかもお知らせできるといいなぁ…。

次回もノンビリマッタリとお届けますので楽しみに待っていて下さいね。今後ともドラゴンエイジ、ドラゴンエイジPureをよろしくお願いいたします。

富士見書房 コミックグループ ドラゴンエイジ編集部

【バックナンバー】
連休明け…アンニュイな気分!?
ゴールデンウィーク進行
ドラゴンエイジ Pure Black Side

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 07:38| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1482