イデオン接触篇/発動篇 「女・子供とて容赦なし それがトミノイズム」
5月5日に価格が下がって再販された劇場版イデオンのDVD伝説巨神イデオン接触篇/発動篇【AA】を、アソビットゲームシティがデモ&いくつかのPOPを付けて販売していた。イデオンははてなダイアリーによると、富野監督がガンダムの次に手がけたもので、アソビットゲームシティーでは、『女・子供とて容赦なし それがトミノイズム』としていた


劇場版イデオンのDVD伝説巨神イデオン接触篇/発動篇【AA】
アソビットゲームシティで、デモ&いくつかのPOPを付けて販売
伝説巨神イデオン
接触篇/発動篇
「女・子供とて容赦なし
それがトミノイズム」
「子供に見せてごらん。ピ○チューショック以上のトラウマ〜」

5月5日に価格が下がって再販された劇場版イデオンのDVD伝説巨神イデオン接触篇/発動篇【AA】を、アソビットゲームシティがデモ&いくつかのPOPを付けて販売していた。伝説巨神イデオンははてなダイアリーによると富野監督が機動戦士ガンダムの次に手がけたもので、地球人が宇宙に移民するようになった未来のお話し。

伝説巨神イデオンはウィキペディアによると、80年5月から81年1月まで、全39話にわたり放映(打ち切り)されたテレビアニメで、劇場版イデオン接触篇はTVシリーズ前半部総集編、発動篇は真の終劇に当たるもの。アソビットゲームシティーでは、『惚れた女の首が飛び、マスコット的幼女の首が飛ぶ。ツンデレや美人さんは「見ちゃダメだ!」級の顔面破壊。女・子供とて容赦なし それがトミノイズム』としていた。

伝説巨神イデオンの内容については、Yasuakiの新批評空間さんの伝説巨神イデオンで書かれているが、イデオンとエヴァンゲリオンとの比較分析で『イデオンにおける美人キャラというのは、例外なく、顔を破壊されて、これ以上なく醜く死にます』と書かれている。また、バンダイチャンネルの作品紹介では、『「皆殺しの富野」の異名を取るに至った悲劇的な結末など、「イデオン」は富野監督作品の中でも最も際だった作品』、『「富野イズム」を象徴する最高傑作!』などとしている。

なお、アソビットGの別のPOPによると、『子供に見せてごらん。ピ○チューショック以上のトラウマを植え付けるから・・。』とのこと。

【関連記事】
「−神は舞い降りた−」 富野監督、降りた先は床面
ニュータイプトミノ もっとも神に近い男
「これが本屋に並んでるんですか(´д`)うぇー。キモ素敵です」が並んでました

「選ばれた国民たちよ!今こそ、立ち上がれ!」
「ナデシコォォォォ!僕らはもうストライクな世代〜」
『むさ苦しいオス達の狂乱の演出!』
「全国の○学生の精通を担ったラブコメが再びOVA化!」
「声優さんの交代劇と黒い噂で興をそがれるよ・・・って貴方には〜」

【関連リンク】
富野由悠季監督の声優発掘力は世界一ィィィィィ! ソースかーずSPさん
「伝説巨神イデオン」と「戦闘メカ ザブングル」のDVDが再販
BANDAI CHANNEL 伝説巨神イデオン劇場版
伝説巨神イデオン ウィキペディア
伝説巨神イデオン イデとは何だったのか? エヴァンゲリオンとイデオン など
はてなダイアリー 伝説巨神イデオン
裏トミノブログ カントクのオーバースキルについての話
アソビットゲームシティ



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 13:03| POP[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1398