Sparking!NEOちょい値下げ 「大量在庫で値段が下がっただと?違うね!」
10月5日発売のPS2用ドラゴンボールZ Sparking!NEOが、値が下がりしていた。6月発売の超ドラゴンボールZは仕入れ本数に見合った売数じゃなかったからか、値下げが激しかったけど、今回はそこまではなさそう。10月7日〜9日の3連休特価にしていたアソビットゲームシティでは、『大量在庫で値段が下がっただと?違うね!』だった。


ドラゴンボールZ Sparking!NEOちょい値下げ 発売日夕方の5980円から5470円へ
「大量在庫で値段が下がっただと?違うね!」 アソビットゲームシティ
メディアランド秋葉原店も5470円へ
ソフマップや石丸ゲームワン・ゲーマーズ本店は、発売日と値段と同じのはず

10月5日に発売になったPS2用のドラゴンボールZ Sparking!が、値が下がりしていた。6月発売の超ドラゴンボールZは在庫過剰(仕入れ本数に見合った売数じゃなかった?)からか、値下げが激しかったけど、今回のはそこまではなさそうで、10月7日〜9日の3連休特価にしていたアソビットゲームシティでは、『大量在庫で値段が下がっただと?違うね!』としていた。

ドラゴンボールZ Sparking!NEO【AA】を値下げしていたことに8日に気が付いたのは、アソビットゲームシティとメディアランド秋葉原店で、発売日夕方の5980円から、どちらも5470円にしていた。ソフマップや石丸ゲームワン・ゲーマーズ本店では、発売日夕方の値段と同じのはずで、某ショップスタッフが『これは売れる。前回とは違う』と言われていた通りなのかも。

GAME Watchのゲーム紹介によると、『本作は昨年10月に発売され約60万本を出荷したPS2「ドラゴンボールZ Sparking!」の続編。登場キャラクタは、変身形態を含め120人以上と前作を大幅に上回る。トゥーンシェードで描かれた3Dキャラクタたちが、 TVアニメを彷彿とさせる滑らかなアニメーションで画面内を縦横無尽に動き回る』などとしている。【関連】ドラゴンボールZ Sparking!NEO製品情報

なお、忍之閻魔帳さんのSparking!NEO発売前分析では、『「超ドラゴンボールZ」の傷が癒え切らない中の新作投入ということで、ショップからは「逃げ」、ユーザーからは「待ち」の姿勢が若干感じられるのが気になるところ』とされ、発売日翌日には『「Sparking!」シリーズ第2弾は、「超ドラゴンボールZ」の累計販売数をほぼ1日で発売するという好調な出足。とは言っても、本数的にも消化率的にも前作には届いていない』と書かれていた。

【関連記事】
ドラゴンボールZ Sparking!NEO発売 「これは売れる。前回とは違う」
「一年戦争の悪夢」を越えた「超ドラゴンボールZ」、早くも新品3980円

【関連リンク】
「Sparking!NEO」やはり前作割れ
「ドラゴンボールZ Sparking!NEO」 製品情報
ドラゴンボールZ Sparking! NEO発売(大阪・日本橋)
『NEO』の戦闘を盛り上げる、数々のシステムを振り返っておこう!
120人以上の人気キャラが登場!PS2「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」
バンダイナムコ:ドラゴンボール PS2で発売 ソースカトゆー家断絶さん

「超ドラゴンボールZ」の累計販売数をほぼ1日で発売
「超ドラゴンボールZ」の傷が癒え切らない中の新作投入 忍之閻魔帳さん
超ドラゴンボールZが響いたのか、ウチを含む周辺の店での入荷数は少なめ ソースせなかさん
裏ドラゴンボールマニア



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 11:32| ゲーム[2006] PS2[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/2277