Pentium4/631 「今度の631は 鍛え方・精根・理想・決意が違う!」
Pentium4 631TWOTOP秋葉原本店では、自腹購入の約40万円の“最狂デモ機”に続いて、3GHzのPentium 4/631を、4.8GHzにクロックアップしたデモ機を用意している。3GHzの石が4.8Ghzで駆動できることからか、Pentium 4/631のPOPでは、『同じ3GHzでも今度の631は 鍛え方が違う!精根が違う!理想が違う!決意が違う!』としていた。


『同じ3GHzでも今度の631は 鍛え方が違う!精根が違う!理想が違う!決意が違う!』
TWOTOP秋葉原本店の3GHzのPentium 4/631を、4.8GHzにクロックアップしたデモ機
マシン構成や、「今回の631はひと味違う!そうクロックの上がり方が尋常ではない〜」
ベンチマークやCPU情報
動作クロックは 4807Mhz
昨年(2005年)12月に行われた真冬のボーナスセールでは、『某メーカーに比べて確実に対費用効果が高い』として、AMDのCPUをオススメしていたTWOTOP秋葉原本店では、自腹購入のAthlon 64 FX-60などを使った約40万円の“最狂デモ機”に続いて、3GHzのPentium 4/631を、4.8GHzにクロックアップしたデモ機を用意している。

TWOTOP秋葉原本店では、3GHzの石が約1.6倍で駆動できることからか、Pentium 4/631では、『同じ3GHzでも今度の631は 鍛え方が違う!精根が違う!理想が違う!決意が違う!』と謳ったPOPを店頭に掲示していた

TWOTOP秋葉原本店のPentium 4/631を4.8GHzにクロックアップしたデモ機には、オーバークロックしたマシン構成(コスタリカ産Pentium 4/631他)のリストと、『今回の631はひと味違う!そうクロックの上がり方が尋常ではない。〜すんごい631ってお得じゃん』などが書いてあり、『こんな美味しいCPU』もあった。

65ナノプロセスシングルコアのPentium 4/631
65ナノプロセスシングルコアのPentium 4/631は、FSB 800MHz、2次キャッシュ2MB、EM64T、ハイパースレッディングをサポートし、1月下旬に発売になったもので、アキバPCホットラインによると、『65nmプロセスルールで製造されるIntel製デスクトップPC向けCPUで、シングルコアのPentium 4が登場するのは初』というものらしい。 【関連】2006年2月10日調査 CPU最安値情報

【関連記事】
約40万円、自腹購入のAthlon 64 FX-60などを使った“最狂デモ機”
あの「VIP STAR」をループ再生でデモ、TWOTOP本店で
「みんなでOCやりすぎちゃったね…」の最終兵器Opteron 144入荷
「デュアルコアCPU続々入荷中!!」Pentium Dいろいろ(2005/5)
ノースウッドコアPentium4/3Ghz「奇跡再び!この機会は絶対に見逃すな!」(2005/3)
Pentium4/6xxは「J付P4 + EM64T + Speedstepテクノロジ」=「全部入り」(2005/2)

【関連リンク】
65ナノにシュリンクされた新世代Pentium Dの費用対効果(ITmeidaでのベンチマーク)
Pentium 4 631を空冷で4.8GHzにオーバークロックしたPCがデモ中
3GHzのPentium 4 631のオーバークロックデモをTWOTOP秋葉原本店で開始!
Pentium 4 631/641/651/661が発売、パッケージの色は赤/青(アキバPCホットライン)
Intelプロセッサ・ナンバ一覧表
Intel、2005年は売上/利益とも増大 売上高388億ドル、粗利益が121億ドル
TWOTOP秋葉原本店



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 11:59| PC関連[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/949

トラックバック

アキバブログによると、秋葉原で最新のPentium4 631を使って4.8GHzにオーバークロックしたデモ機が秋葉原のTWOTP秋葉原本店で展示しているようだ。...

オーバークロック魂は健在だ! 【帰ってきた「東京のアメリカ人」】 at 2006年02月15日 13:42