秋葉原をイメージした秋葉原ビール 「香りはフルーティー」
秋葉原ビール 武装商店があるビル1Fにあるお酒屋さん麻野商店で、『秋葉原ビール』を販売していた。ラベルイラストは「秋葉原の中央通り」で、『「世界の秋葉原」日本の電気街の中心地、電気の街で生まれた秋葉原をイメージしたビール』と書いてあった。まいくのきまぐれ日記さんによると『色は薄い茶色で濁りがあり、香りはフルーティー』とのこと。


麻野商店の「秋葉原ビール」 350mlで350円 場所

『「世界の秋葉原」日本の電気街の中心地、電気の街で生まれた秋葉原をイメージしたビール』
あと、昔の秋葉原は「トンボが飛んでるようなはらっぱでした」とも。

武装商店があるビルの1Fにあるお酒屋さん麻野商店で、『秋葉原ビール』を販売していた。を取り扱いしているのは麻野商店だけみたいで、秋葉原 酒屋の日々さん(麻野商店の中の人?)によると12月6日から販売してたみたい。

ラベルの説明文によると、「秋葉原ビール」は、『「世界の秋葉原」日本の電気街の中心地、電気の街で生まれた秋葉原をイメージしたビール』だそうで、ラベルイラストは「秋葉原の中央通り」になっていた。

なお、「秋葉原ビール」を造っているのは、『日本で初めて「ビン内醗酵」、「ビン内熟成」によるビール製造方法で、ビールの酒造免許を取得(新潟ビールとは)』という新潟麦酒株式会社で、「秋葉原ビール」の味は、まいくのきまぐれ日記さんは『色は薄い茶色で濁りがあり、香りはフルーティー。味は甘く、苦味や辛味はあまり感じませんでした』とのこと。

美味しんぼコラ 「秋葉っぽいスープの作り方」
アキバ川柳 「涼風に 塩の香のるや 秋葉原」(2005/06)

中央通りの麻野商店
場所
店頭に「秋葉原ビール(空き瓶)」が置いてあった
「新発売  限定秋葉原ビール
当店のみ販売中」
秋葉原ビールは
350mlで350円
ラベルは
中央通りのイラスト
造っているのは
新潟麦酒株式会社

【関連記事】
萌え総菜 「戦え お惣菜たんズ」発売 トレーディングカード付
美味しんぼコラ 「秋葉っぽいスープの作り方」
アキバ川柳 「涼風に 塩の香のるや 秋葉原」(2005/06)

「段ボール肉まん」 売る気まんまん
アキバ変身ラーメン発売 「味が変わって萌ぇ〜なヌードル」だって
秋葉原はこれでも「電気街」なんですか?
「アキバ発」 ローゼン麻生の牛乳カステラ
アキバのおでん缶 「Q.なんでパソコン屋でおでん缶 売ってるの?」
「これからの秋葉原名物は、おでん缶ではなく、うんこ」
「アキバの名物はメイド、おでん缶、体脂肪計と決まっております」
「秋葉原まんじゅう」も発売。つくばエクスプレス開業

【関連リンク】
中央通りラベルの「秋葉原ビール」−アキバの酒店が限定販売 - アキバ経済新聞
秋葉原 酒屋の日々/ウェブリブログ 麻野商店の中の人?
秋葉原マップ:電気街にある酒店 〜 麻野商店 〜
アキバの地ビール?「秋葉原ビール」販売開始


新潟麦酒株式会社
新潟ビール 製品リスト
地ビール - Wikipedia
全国地ビール醸造者協議会:関東地方の地ビール一覧



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 08:19| よもやま 新製品  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/4751