少年ジャンプの40年 一番「エロい」のを比較
少年ジャンプ 1968年と2008年を一番「エロい」ので比較まんだらけコンプレックスに創刊号〜1970年代の「少年ジャンプ」があったことをお伝えし、その中には表紙がハレンチ学園の裸や、上半身裸の実写写真もあった。創刊年の1968年のものは単品で販売していたので、1968年当時にジャンプでもっとも「ハレンチ」だったやつと、現在のジャンプで最も「エロい」と評判?の作品を比べてみた。


1968年の少年ジャンプ創刊7号と 2008年4月の週刊少年ジャンプ
1968年:定価90円 254ページ 2008年:定価230円 458ページ

まんだらけコンプレックスに「少年ジャンプ」の創刊号〜1960年代〜1970年代があったことをお伝えし、その中には表紙がハレンチ学園の裸や、上半身裸の実写写真もあった。

ジャンプ創刊年の1968年のものは単品販売していたので、当時ジャンプで「最もハレンチ」(表紙に「ハレンチ漫画の第一人者・永井豪・作」)だったハレンチ学園と、現在のジャンプで最も「エロい」と評判?で、アニメDVDデモでおっぱい鷲掴みToLOVEるを比べてみた。

なお、1968年当時に最もハレンチだったハレンチ学園は、ウィキペディア によると『当時の少年漫画としては過激な性・暴力表現で物議を醸し社会現象になった』・『1969年(昭和44年)14号にて「モーレツごっこ」を登場させ、スカートめくり流行の一因となった。実際には流行の後追いであったにもかかわらず、マンガという当時先鋭的なメディアを糾弾する社会的風潮と呼応した、PTA等からの激しい批判の標的となった』とのこと。

ハレンチ学園(1968年)
ハレンチ漫画の第一人者・永井豪
To Loveる(2008年)
漫画:矢吹健太朗・脚本:長谷見沙貴

ハレンチ学園 1968年

ハレンチ学園 1968年
To Loveる 2008年
後ろ姿がケツとクイコミ

【参考】 週刊少年ジャンプ2008年20号に登場する「おっぱい(エムゼロ)」
プリンって偉大ですね!

【関連記事】
チャンピオン創刊40周年記念本  「週刊少年チャンピオン40th」発売
ToLOVEる17巻限定版 「エロスでカオスなお花見始まるよ〜\(^o^)/」
ToLOVEる画集 “らぶから!”発売 「カラーで乳首解禁キタ━(゚∀゚)━ !!!」
「ポロリ満載」 ToLOVEる16巻限定版発売
バクマン4巻 「マンガのプロが選ぶ MANGA-ZIN AWARD大賞受賞作品!」
「水着祭りだ!」 ToLOVEる15巻限定版 乳首はもちろん、おっぱい合わせも
美柑が全裸靴下で股を開く 「To LOVEる14巻」限定版 
乳首修正「To LOVEる13巻」限定版 DVDも乳首あり
バクマン2巻発売 「ジャンプの秘密がココにある!?」
ジャンプの内情暴露マンガ? 「バクマン。1巻」発売
乳首修正コミックス ToLOVEる12巻 「もはやToLoveるjapanに死角なし!」
乳首描き足し ToLOVEる9巻 「湯気フィルターのうすさに感動した!」
ToLOVEる 「これさえあれば、おっぱいララがアナタの嫁に」
創刊号〜1960年代〜1970年代 「少年ジャンプ」展示
まんだらけコンプレックス 開店レポ 「中野は守り、アキバは攻め」

アニメ「ToLOVEる」 店頭おっぱい鷲掴み
乳首修正たくさん 「To LOVEる」8巻発売
To Loveる5巻 「無駄に描き足しが多い」 たぶん誉め言葉
ToLOVEる3巻発売 「今回も今回でおっぱいがいっぱい」
「ジャンプの歴史を変えた(?)話題のコミック」 To LOVEる2巻 発売

【関連リンク】
数字で見る週刊少年ジャンプの40年
ジャンプ黄金期はもう二度とありえない …週刊少年ジャンプ発行部数の歴史
昔のジャンプのページ内広告
1969年の週刊少年マガジンはこんな感じ ソース痕跡症候群さん
ToLOVEるに打ち切りの危機(2008/04) ソース痕跡症候群さん
コトブキヤから「ララ」フィギュア発売決定。なにこのエロさ!(2008/04)
To LOVEる -とらぶる- - Wikipedia
アニメ「To LOVEる」
ハレンチ学園 - Wikipedia
ハレンチ学園

少年ジャンプ

週刊少年ジャンプ - Wikipedia
思い出の週刊少年ジャンプ

週刊少年ジャンプ発行部数の推移
元少年ジャンプ編集長 堀江 信彦に聞く  最高は653万部 現在は295万部
ジャンプ漫画家、人気無ければ即打ち切りの厳しい世界
「ジャンプ」は40周年 「週刊少年マンガ誌」50年の歩み ソースゴルゴ31さん
1969年の週刊少年サンデーはこんな感じ その4 ソースゴルゴ31さん



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 10:48| 商業誌  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/5553