デスノートのパクリみたいな 「ロストブレイン」1巻発売
デスノートのパクリ ロストブレイン 少年サンデーに大好評連載中というコミックスLOST+BRAIN(ロストブレイン)1巻【AA】が16日に発売になった。作品紹介によると『催眠による究極の支配国家を目指す高校2年生の究極サスペンス』だそうで、連載開始時にはこれってデスノでは?といった反応があったもの。アキバ各店はあんまり積んでなかった。



少年サンデーに大好評連載中のデスノートみたいなコミックスLOST+BRAIN1巻【AA】発売
「ようこそ、催眠の世界へ」


主人公は夜神月みたいな氷山漣
「底知れぬ催眠の力を手にした天才・氷山が、世界を変えることができるのかー」

少年サンデーに大好評連載中の原作:藪野続久氏・作画:大谷アキラ氏の、デスノートみたないコミックスLOST+BRAIN(ロストブレイン)1巻【AA】が16日に発売になった。

作品紹介によると『催眠による究極の支配国家を目指す高校2年生の、究極サスペンス』だそうで、連載開始時にはこれってデスノでは?といった反応があったもの。 ロストブレイン1巻【AA】が発売になったアキバでは、メロンブックス秋葉原店は通常サイズの半分くらいのタワーで、ゲーマーズ本店・とらのあな1号店ともに、平台のちょっと奥に陳列していた。またK-Books秋葉原では『ロストブレイン』が見つけられなかった。

ロストブレイン1巻の感想は、ever freeさん『これはデスノにそっくりな話でした。あまりにも話が酷似しすぎてて売ろうかとも思うのですが、如何せん続きが気になる…』とか、大炎上さんでは『連載当初「これってデスノ?」と揶揄されたことは誰もが知るところ。でもそんなの始めだけで人気は凋落の一途、今ではサンデーの巻末を何週も重ねてます。ジャンプだったらとっくに打ち切りですよ』などを書かれている。

なお、小学館広報室の担当者は「デスノートを下敷きにしたことはございません」とか言ってたみたい。あと、「ロストブレイン」の小学館と、「デスノート」の集英社はともに一ツ橋グループ

世の中に不満を持つ主人公
氷山漣
催眠術との出会い
「この力・・・オレなら・・・」
世界支配を企むぽい
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原1号店
【関連記事】
「禁断の催眠サスペンス、衝撃の最終巻!」 少年サンデーのアレ
デスノみたいな「ロストブレイン」 売れ行き苦戦
かみぱに! メディオ特典告知「メディオノート」
DEATH NOTEのお菓子 「嘘ルールはどれよ?」
アニメDEATH NOTE DVD1巻発売 「とりあえず、殺したいヤツ書いとけや・・・」
職務質問で小畑健氏逮捕、デスノートは普通に販売してた
デスノート実写化、アキバのショップの反応 「是非ともワタリを藤村俊二で」とか

【関連リンク】
「LOST+BRAIN ロストブレイン」は何故つまらないまま終わったのか
LOST+BRAIN - アンサイクロペディア
LOST+BRAIN ロストブレイン 1巻 催眠術で世界を変えようとする少年
今ひとつ引き込まれない。仕掛けが足りないんじゃなかろうか。
ロストブレイン 例のごとくジャケ買いです
”催眠”で世界を支配する!? 漫画「LOST+BRAIN(ロストブレイン)1巻」を読む!

デスノートに「似てる、似てない」 少年サンデー連載ネットで話題
週刊少年サンデーで『デスノート』の続編が連載開始か[漫画]
[新連載デスノパクリ]サンデーおわったなwwwwwwwwwww
カジ速 デスノート2部がサンデーで連載開始!
少年サンデーで「デスノート」アンケート(2004年9月)

少年サンデー / LOST+BRAIN 作品紹介
LOST+BRAIN > 原作者・藪野続久氏とは一体何者か?

大谷アキラ - Wikipedia

LOST+BRAIN - Wikipedia
LOST+BRAIN - アンサイクロペディア


LOST+BRAIN 1 (1) (少年サンデーコミックス)
LOST+BRAIN 1 (1) (少年サンデーコミックス)藪野 続久 大谷 アキラ

おすすめ平均
starsある意味ものすごい作品
stars間違いなく2000年代のサンデーの歴史に残る傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DEATH NOTE デスノート(1)
DEATH NOTE デスノート(1)大場 つぐみ 小畑 健

おすすめ平均
stars紙一重
starsL のキャラが光る。
stars思わず溜め息
stars主人公が悪
stars読み返し…。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 13:17| 商業誌  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/5781