【コラム・ネタ・お知らせetc】ソリッドシアター 「フィギュアは愛で撮れ!」
フィギュア写真の撮影現場 アキバBlogをご覧の皆様、2週間振りの登場、ソリッドシアター:かねごんです。今回は、“「フィギュアは愛で撮れ!」by勝組ウッチ〜”と題しまして、パッケージや雑誌に使用される写真撮影現場をレポートいたします。フィギュア画像一枚を撮るために、ああでもないこうでもないと”30歳を超えた大人達”がかなり熱くなっている、なんとも不思議な空間。


撮影スタジオ「インタニア」さんの凄腕カメラマン”勝組ウッチ〜” 
”男”としても凄腕です

6月某日、かねごんは新商品のパッケージや宣材の撮影&季刊フィギュア雑誌Rさんの撮影のため『インタニア』さんにお邪魔しました。インタニアさんは撮影していただくカメラマンさんを指定することが出来るんですが、かねごんはいつも凄腕カメラマン“勝組ウッチ〜”に、撮影をお願いしています。

えっ?何が凄腕かって?凄腕カメラマン“勝組ウッチ〜”は凄いんです!!な、なっ、なんと季刊フィギャア雑誌Rさんの撮影のほとんどはその“勝組ウッチ〜”が手がけているってぐらい実力の有る凄腕なのです。

ちなみに、“勝組ウッチ〜”は男としても凄腕です。愛称“勝組ウッチ〜”というのは、彼の話を聞いていると、男なら誰でも「そりゃ〜、あんた人生の勝組だよ!!」ど叫びたくなるために命名されました(名付親は季刊誌Rの敏腕編集F氏です)。でも本当に羨ましいッス。たまに本気で「ウッチ〜なんて不幸になってしまえ!!」と思ってしまうぐらいです(笑)。


一枚のフィギュア画像を撮るために、ああでもないこうでもないと”30歳を超えた大人達”が
かなり熱くなっているなんとも不思議な空間

かねごんがインタニアさんに到着したとき凄腕&売れっ子カメラマン“勝組ウッチ〜”は他社さんの撮影の真っ最中。たまたま知り合いのメーカーさんだったので許可をいただき、撮影現場を見学をさせていただきました。

一枚のフィギュア画像を撮るために、ああでもないこうでもないと”30歳を超えた大人達”がかなり熱くなっているなんとも不思議な空間の中、大人達の後姿に5%の哀愁と95%の誇りを感じつつ、かねごんはつくづくこの仕事頑張っていこう!と決意を新たにしました(いや〜、東京来て良かった〜)

ところで、皆様、撮影スタジオ“インタニア”さんってご存知でしょうか?ご存知の方はかなり業界通の方ですね。でも多くの皆様にはインタニア?って感じであまり馴染みがないかもしれませんが、フィギュア雑誌の撮影はもちろん、色々なフィギュアメーカーさんの撮影を手がけている、業界内ではかなりメジャーな撮影スタジオ(もちろんフィギュア以外の撮影も行っていますよ!)さんです。


フィギュアのパーツが床に落ち、一時行方不明に
必死に探し回る"30歳を超えた大人達"がかなり熱くなっているなんとも微妙な空間

おー、珍しくココまでかねごん絶好調!無敵状態です!!しかし、柄にもなく感傷に浸り、明日への希望を抱きながら夢見る32歳のかねごんにアキバの神様はいつものように試練?を与えてくれます。その試練とは…撮影のとき何故?何故?いつももこんなこと起こるの!というぐらいの確率でフィギュアのパーツが床に落ち一時行方不明になります。

しかも、小さくて&床と同系色のものがあるときに限って落ちるのです。。。今回も落ちました。。。orz(念のため書いときますが、かねごんが落としたわけじゃないですよ!)

それを必死に探し回る"30歳を超えた大人達"がかなり熱くなっているなんとも微妙な空間の中、その大人達の後姿に、95%の哀愁と5%の絶望を感じつつ、かねごんはつくづくこの仕事続けてて大丈夫なのかな?と思いながら部品を探し続けるのでした(あ〜、豊橋帰ろうかな〜)
⇒こういうことを書くと弊社代表:西田の血圧が上がりそうなので、『思ってみただけです』と一応付け加えておきます。



と、くだらない話はここまでにして、本日の本題を手短にまとめます。



凄腕カメラマン“勝組ウッチ〜”よりフィギュアの撮影をされている皆様に
極意を伝授ということで一言いただいてまいりました。

「フィギュアは愛で撮れ!!」by“勝組ウッチ〜”

「お前はアホか!!」なんて思われる方いらっしゃるかもしれませんが
すばらしい写真=被写体に対する愛情の深さ、これを実践するのはかなり難しいですよ。

フィギュアの撮影をされている皆様は、被写体に100%の愛情を込めて撮影されていると思いますが、あとほんのちょっとだけ被写体の可愛い部分を見つけ101%の愛情込めてみてください。そうすれば、いつもより必ずいい写真が撮れ、被写体に対する愛情が深まるはずです。
(悪いとこは見ないでくださいね。その分愛情が減りますよ(笑))

「フィギュアは愛で撮れ!!」by“勝組ウッチ〜”
(カッコイイこと言ってますが、実はインタニアの先輩カメマン:H田氏の受け売りです)

う〜ん。簡単な一言のようですが実に奥が深いです。あと、なんか技術的なことも教えていただいたような気がしますが、詳しいことは忘れました(なんか難しいこと言ってたような気がします)。技術的なことにご興味がある方は“勝組ウッチ〜”に直接聞いてみてください。“勝組ウッチ〜”は大きなイベント時には、必ず会場で撮影しています。勝組オーラが出てるの簡単に見つかりますよ(笑)。

では、「本題が短くなってしまったけどいいのか?」&「う〜ん、もしかしてかねごんって“負組”?」という邪念は払いつつ、皆様とは2週間のお別れです。

ソリッドシアター かねごん

【バックナンバー】
ウエストケンジ フィギュアで公共事業!?
「だって、風子 可愛いじゃん」
「全て計算通り!!です」
ソリッドシアター 誕生の秘密


PS.8月発売予定のトレーディングフィギュア“抜け忍”のパッケージのイラストが完成しましたので、アキバBlogをご覧の皆様に特別に公開いたします(う〜ん。どちらの表情がいいのやら。。。)
8月発売予定のトレーディングフィギュア“抜け忍”のパッケージのイラスト

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 06:28| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1577