スクランブルをアレ出来るMAX CAPTURE 「・・・色々とヤバイので説明不可!」
MAX CAPTURE画像安定装置を内蔵し、ケーブルテレビ番組をパソコン(USB2.0接続)で受信・ハードディスク録画ができるMAX CAPTURE(マックスキャプチャー)を、某店でちょっと前から販売している。どうやらスクランブルをアレ出来るものらしく、POPでは『・・・色々とヤバイので説明不可!』になっていた。


某店のMAX CAPTURE 「色々とヤバイので説明不可!」

USB2.0接続もできる
MAX CAPTURE
「画像安定装置内蔵
最強スペック」
パッケージ裏面は 動作環境
雑誌の研究成果報告
「解除」とか書いてある

画像安定装置を内蔵し、ケーブルテレビ番組をパソコン(USB2.0接続)で受信・ハードディスク録画ができるMAX CAPTUREを、某店でちょっと前から販売している。POPは『CATVをキャプチャーしたいナァ・・・といういう時に!ビデオ端子の出力もあるから、もちろん単独でも動くぞ!・・・色々とヤバイので説明不可!』になっていた。

MAX CAPTURE(マックスキャプチャー)は、『CATVチューナー業界初!USB通信可能ケーブルテレビチューナー』、『PCのハードディスクに録画可能』、『画像安定装置機能』というもので、パッケージでは『USB接続でTVが見れる 画像安定装置内蔵最強スペック』と謳われている。

なお、画像安定装置の情報サイト激安情報さんによると、『画像安定装置とはズバリ言うと表向きは映像信号内のノイズ信号をクリアにすることにより名前の通り劣化した画像を安定させ編集する装置です。ですがその作業の途中になぜかコピーガードを解除してしまう力があるらしい』となっているもの。

「スクランブルをアレ出来ますが、CATVには加入してください」
「CATVは加入してから使用して下さいネ!悪用禁止!」

某店では、MAX CAPTUREの箱の近くには、某雑誌でのMAX CAPTURE研究成果報告の記事があったけど、『・・・色々とヤバイので説明不可!』だけでなく、『スクランブルをアレ出来ますがCATVには加入してください(本商品は研究用機器です。ご注意ください)』、『CATVは加入してから使用して下さいネ!悪用禁止!』と書かれたPOPもあった。

ちなみに、2004年9月に在京キー局の夕方のニュースで取り上げられたことをきっかけ?に、スクランブル解除機能付きの実験用ケーブルテレビチューナーを買いに秋葉原を訪れてる人(&売りにくる人)が増加し、秋葉原のあちこち(ホコ天でも)でケーブルテレビチューナー路上販売が行われ、チラシ配りをしてまで行われたことがあった。(最近もチューナー路上販売は継続されているものの、以前ほどではない感じ)

【関連記事】
裏テレビ活用テクニック3 「遂にここまできたハイビジョンコピー」(2007/09)
GameSwitch:PS3-S201デモ 「コレがHD○Pの無い世界!!」
「コピーワンスのデジタル放送をガシガシ録画」のPV3 ちょっとだけ
裏テレビ活用テクニック2 「ハイビジョンのアニメをパソコンにブッコ抜き!」
CATVスクランブル解除キャプチャーカード? 「878搭載だから見放題」
「大人のアレでメーカー名が書けません
「RAIDカードが付いてませんが、アレしてアレすればOK」

ケーブルテレビ(CATV)チューナー商売はいつも通りに継続中(2005/5)
ケーブルテレビチューナーが秋葉原でブーム?(2004/10)
CATVチューナー在庫調査したら本当に在庫がなかった(2004/9)

【関連リンク】
MAX CAPTURE製品情報



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 09:17| PC関連[2006] POP[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1540

トラックバック

■Athlon 64 FX-62のSocket AM2版登場も品薄で即完売 [A

6月3日の更新 【デジオタ観測所】 at 2006年06月04日 02:11