不幸箱2K 「思うゾンブン くず折れろ!」
不幸箱2K 「思うゾンブンくず折れろ!」クレバリーの通販で販売された不幸箱3000は、届いた人もいるみたい。中身が不幸箱3000と同じなのかは不明だけど、クレバリー1号店で『不幸箱2K』の路上販売?を16日にしていた。POPでは『思うゾンブンくず折れろ!』となっていて、価格は2000円。なお『不幸箱2K』は人気があるのか、お一人様1点限りだった。


不幸箱2K 「思うゾンブンくず折れろ!」
「不幸箱2K」を、クレバリー1号店の店頭で販売していた 
人気があるのか、お一人様1点限り
「不幸箱2K」
「思うゾンブンくず折れろ」
「箱を開けた瞬間・・・
君は、刻の涙を見る!」

クレバリーの夏の不幸箱不幸箱3000は、通販分が届いた人もいるみたい。中身が不幸箱3000と同じなのかは不明だけど、16日にクレバリー1号店の店頭で『不幸箱2K』の路上販売?していた。POPでは『思うゾンブンくず折れろ』となっていて、価格は2000円。

通販で限定300コが販売された『不幸箱3000』は、ITmediaによると『ジャンク品を詰め合わせた内容不明のパッケージで、通常の福袋とは異なり、購入者を“やるせない”気持ちにさせてくれるのが特徴だ。秋葉原の店舗では新年初売り恒例行事である「不幸袋」としても知られており、その歴史は1997年にさかのぼるという。また、その謳い文句である「本当の不幸を見せてやる!」という言葉通り、購入者の悲鳴とともに数々の悲劇を生んできた。が、かつて600個を5分で完売した実績を持つ人気商品でもある』というもの。

クレバリー1号店の入口で販売?していた不幸箱2KのPOPは『産廃処分 もとい 不幸箱 思うゾンブンくず折れろ!』と、『恒例のJunk詰め合わせ。箱を開けた瞬間・・・君は、刻の涙を見る!』となっていた。たぶん通販での不幸箱3000と箱は同じものたと思うけど、どんな中身なかは未確認。また『不幸箱2K』は人気があるのか、お一人様1点限りだった。

なお、不幸箱3000を通販で購入した人の感想には、適当日記と趣味のものさん『なかなかいい具合に不幸になれました、はっはっは。』、試行錯誤さん『本当に不幸きたよ・・・』などがある。

【関連記事】
1000円ポッキリ 「はずれ袋」 ゆとり購入禁止
不幸袋2007 「元祖&名物 不幸袋 年始めのorz」 「人の不幸は蜜の味」
不幸袋みたいな「不遇袋」-「まぁ1コ、だまされて買ってくださいな」
1000円ジャンクを買った外国人、警官を呼んでまでゴネる
ジャンク 「ハズレを引いて"返品しやがれ!”と怒り狂って・・・」

クレバリーの不幸袋2006完売  「・・・中身がよくなくても吊らないで下さい」
2000円の不幸箱で見れる「本当の不幸」
「思う存分くずれおちろッ・・orz」クレバリーの不幸袋 in summer 「夏袋」
不幸袋2005 「本当の不幸を見せてやる *福袋では決してありません」

【関連リンク】
「不幸箱」発売のお知らせ
なかなかいい具合に不幸になれました、はっはっは。
不幸箱3000の中身は・・・
本当に不幸きたよ・・・4と6なんてどうしようも無いよ・・・
まぁ、なにはともあれ期待の中身はというと…

クレバリー1号店

クマ出没!アキバ注意報!!
クレバリー



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 10:44| PC関連[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1791