かーずSPさんインタビューもある 「ウェブアニメーション大百科」出てた
かーずSPさんインタビューもある「ウェブアニメーション大百科」出てた「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」を書かれたばるぼら氏のウェブアニメーション大百科【AA】は、25日にはザコンに並んでいた。『ウェブアニメーション大百科』には、近くで見ると小山田圭吾に似ているとか、『過去ログがある意味日本のFlashが辿ってきた歴史である』というかーずSPさんのインタビューもある。


かーずSPさんインタビューもある「ウェブアニメーション大百科」出てた
ばるぼら氏ウェブアニメーション大百科【AA】
7月26日発売みたいだけど、25日にはザコンに並んでいた
ザコンの展開
「定番作品から隠れた名作からまでレビュー大掲載」
先着プレゼントDVDのデモ

「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」を書かれたばるぼら氏ウェブアニメーション大百科【AA】は、7月26日発売みたいだけど25日にはザコンに並んでいた。アマゾンでの内容紹介【AA】では、『定番から隠れた名作まで良質なアニメーションを紹介し、多くの関連インタビューも配して、これ一冊でウェブアニメーションのすべてが理解できる』と謳っているもので、FLASHなどのウェブアニメを収録したCDが付属する。

『ウェブアニメーション大百科 GIFアニメからFlashまで』は、『ウェブアニメーションの歴史』で始まり、『国内ウェブアニメーション275作品レビュー』が内容の中心。レビューではウェブアニメの画面2〜4つを使っていて、機動戦士アッガイ『ガンダムパロディーの古株アニメシリーズ』、Glove on Fight『現在多くある格闘ゲーム風Flashの元祖であり、滑らかな動きが衝撃をあたえた定番作品』、マイヤヒー『「恋のマイヤヒ」を題材にFlashアニメ化した作品〜これを騒ぎ立ててしまったことは、はたしてウェブの未来にプラスだったのか、それとも・・・』などがある。

最近知られているものには、くわがたツマミ・やわらか戦車のレビューもあり、レビューされているウェブアニメ?のうち160本が付属CDに収録されている。(前述のGlove on Figh・マイヤヒーは未収録)

そのほか、FLASH作家らへのインタビューや『竹熊健太郎×ばるぼら 対談』や、近くで見ると小山田圭吾に似ているとか、『Flashニュースサイト老舗&過去ログがある意味日本のFlashが辿ってきた歴史である』と紹介されているかーずSPさんのインタビューもあり『すべては8頭身から始まった』、『FLA板誕生の真相』、『FlashとかーずSPのこれから』などを収録している。

「国内ウェブアニメーション
275作品レビュー」が紙面の中心
おおむね、各ウェブアニメを2〜4つの絵で紹介
かーずSPさんのインタビュー

【関連記事】
かーずSPの同人誌 「まじカル!A`s」再入荷(2008/09)
「現代視覚文化研究2」発売 かーず自重しろ!ヤンデレ同人誌付
インプレスからも萌える書籍 「萌えるゲーム製作」
「蘇るPC-8801伝説 永久保存版」発売 赤松健氏インタビューも
『ハッカーになるには!どびん ちょびん はげちょびん コチラ』
脱オタクファッションガイド発売。「脱オタはしなくていい」
クラッキングバイブル「パンドラの箱を開けるのだ!」

【関連リンク】
ウェブアニメーション大百科 GIFアニメからFlashまで 書籍紹介
奇跡!ばるぼらさんの『ウェブアニメーション大百科』が ソースぬるヲタが斬るさん
「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」に名を刻んだニュースサイト+α
「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書」懐かしくて泣きそうになる。
ばるぼら氏の「www.jarchive.org」
ばるぼら氏のblogユニバーサル



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 12:17| 商業誌[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/1845

トラックバック

...

どこかで見た絵が。 【fujiyama BLOG】 at 2006年07月27日 18:26