「はつ恋連合艦隊」出てます アマゾン1位になった「萌えよ!戦車学校」の日本海軍版
萌えよ!戦車学校や、ミリタリー+美少女マガジンMC☆あくしずなどを出しているイカロス出版から、大日本帝国海軍(日本海軍)の解説本はつ恋連合艦隊【AA】が、大阪・日本橋と同じように発売日予定日28日の前からアキバにも並んでいる。アマゾンで1位になった萌えよ!戦車学校の日本海軍版みたいな本で、イラスト・漫画はまもウィリアムズ氏


はつ恋連合艦隊【AA】出てます
アマゾン1位になった「萌えよ!戦車学校の日本海軍版
(艦艇そのものではなく、戦史にフォーカス)
ラオックス ザ・コン
メロンブックス秋葉原店
K-Books秋葉原新館

萌えよ!戦車学校や、ミリタリー+美少女マガジン 「MC☆あくしず」 を出しているイカロス出版から、大日本帝国海軍(日本海軍)の解説本『はつ恋連合艦隊』が、大阪・日本橋と同じように発売日予定日28日の前からアキバにも並んでいる。

はつ恋連合艦隊【AA】は、簡単にいうと、アマゾンで1位になった萌えよ!戦車学校の日本海軍版みたいなの本で、海軍女子兵学校の戦艦好き・空母好き・潜水艦好きの女の子が登場する。


イカロス出版の書籍紹介
によると『空母も戦艦も明治から太平洋戦争まで一緒に学ぼう日本海軍◎ 明治時代の創設から、日清・日露戦争、戦間期を経て太平洋戦争まで――日本海軍のあゆみがイッキに分かる解説本が登場だ! 一緒に学ぶのは、未来の海軍士官を目指す生徒たちと女教官。彼女たちがやさしく丁寧、時に大胆に戦史の解説をサポートするぞ。解説自体は最新の考証に基づき、日本海軍の戦略、海戦、兵器を網羅。「見た目はナンパ、中身はガチ」な海軍本、これより出撃!』で、イラスト・漫画はまもウィリアムズ氏

収録しているのは、第1章『日本海軍の創設・日清日露戦争』、第2章『建艦競争から太平洋戦争開戦まで』、第3章『ハワイ作戦と第一段作戦』、第4章『ミッドウェー海戦』、第5章『ソロモンの戦いと北方作戦』、第6章『マリアナ沖海戦・捷号作戦・沖縄決戦』、第7章『日本潜水艦の戦いと連合艦隊の最後』で、当時の写真とイラストを使って解説している。


なお、はつ恋連合艦隊【AA】の『はじめに』では、著者の本吉隆氏は『世界の海軍史上で、日本海軍ほど興亡の期間が短かった海軍は稀であり、またこの短い期間にかくも多くの栄光と悲劇を味わった海軍も他に例を見ない。〜本著では日本海軍の興亡について、太平洋戦争時の戦史を中心としながら、作戦構想および戦備の変化などについても解説を試みてみた』と書かれている。

各章の始めに、漫画あり
第3章『ハワイ作戦と第一段作戦』
イラスト入りで
日本海軍の戦史を解説
マリアナ沖海戦
はつ恋連合艦隊
裏表紙
「未来の海軍士官を目指す3人の女の子と戦史担当教官がお届けする日本海軍の解説本!」
「こんなシーンもありますが
中身はちゃんと日本海軍を解説する本です!」
【関連記事】
萌えよ!陸自学校 発売 「裸エプロンもあるよ」(2008/01)
萌え系オピニオン書 「萌ゆる神の国!」 日本こそ核兵器を持つべき
どくそせん 「美少女系独ソ戦解説本の最高峰!」 ヒロインは輪姦(2007/09)
美少女と戦艦を融合 戦艦コスプレ本「萌える戦艦」発売(2007/07)
防衛省&自衛隊「黙認」イベント 「海上自衛隊秋葉原教育隊inミア」カフェレポ(2007/07)
メイド喫茶ミアカフェの「防衛省&自衛隊公認イベント」レポ
インド海軍、約2年半ぶりに秋葉原観光
小林源文「武器と爆薬―悪夢のメカニズム図解」 陸戦武器の用法と効果
「萌えミリタリーの決定版」 萌えわかり!軍装ビジュアルガイド 発売
MCあくしずvol2発売 特集は「ドキッ☆ブルマだらけの空戦大会」
ミリタリー+美少女マガジン 「MC☆あくしず」 ロールアウト
イカロス出版の萌え本チラシ 「・・・つか戦車まで萌やすってどうなのよ!?」
絶対領域のある海軍モノ同人誌「蒼海の世紀」

萌えよ!戦車学校II型 発売 「時代はツンデレより、戦車娘」
「萌えよ!戦車学校」増刷分が入荷。アマゾン書籍ランキングでは1位に

「軍服+プリーツスカート+ニーソ」がレクチャーする戦車入門書「萌えよ!戦車学校」

【関連リンク】
イカロス出版
はつ恋連合艦隊
まもウィリアムズ氏の風道

「はつ恋連合艦隊」発売 今もむかしも・・・大艦巨乳砲主義!(大阪・日本橋)
本気で出すんですね……イカロス出版、恐ろしい子。
2007年の萌えミリ本

大日本帝国海軍 - Wikipedia
日本海軍空母史
日本海軍データ
日本海軍について


はつ恋連合艦隊
本吉 隆 まもウィリアムズ


by G-Tools

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 13:38| 商業誌  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/3553