コミックヴァルキリーvol3独立創刊 「際どいエロスも魅力だぜ」
コミックヴァルキリーvol3独立創刊 「際どいエロスも魅力だぜ」コミックヴァルキリーvol3【AA】が、独立創刊となって27日に発売になった。独立創刊を記念した描き下ろしメッセージペーパー集プレゼントの虎の穴では、『ほかとは一味違う路線で大人気に』と紹介している。発売日には秋葉原各店に並び、とら1号では『男のハートを戦いで"燃やす"戦女神オンリーマガジン 際どいエロスも魅力だぜ!』としていた。


コミックヴァルキリーvol3独立創刊 「際どいエロスも魅力だぜ」とらのあな1号店
POP拡大
コミックヴァルキリーvol3宇岐多冬梧氏 マガツキ鬼士剣塵抄コミックヴァルキリーvol3 ヒロインズクライシス
ことり〜の週刊ダイアリー(仮)さんによると、もっともエロ度が高い「マガツキ」
独立創刊記念のクイーンズブレイドみたいな特別企画
ヒロインズクライシス

『コミックヴァルキリーvol3』は、これまで増刊号扱いだったものが、独立創刊となって27日に発売になった。独立創刊を記念した描き下ろしメッセージペーパー集先着プレゼントしていたとらのあなでは、コミックヴァルキリーを『ほかとは一味違う路線で大人気に』と紹介している。コミックヴァルキリーvol3の発売日には秋葉原の各店に並んでいて、とら1号では『男のハートを戦いで"燃やす"戦女神オンリーマガジン 際どいエロスも魅力だぜ!』としていた。

コミックヴァルキリーは、今年(2006年)7月に創刊された『闘うヒロイン』の隔月刊の雑誌で、裏コンセプトがエロピンチオンリーマガジンというもの。創刊準備0号では『(大人向け)ではないからこそできる表現できるドキドキがある』と謳われ、表紙イラストが下乳の創刊号では、『全ての漫画が「闘うヒロイン」です 非常に偏ったコミックス誌』となっていた。3号で独立創刊するのは、アキバ某ショップスタッフによると『結構早いほう』らしい。

コミックヴァルキリーvol3【AA】でもエロピンチなマンガを多く収録し、大炎上さんは『今回も例によってエロくなる話がほとんど。つーか全部そんなの。特に今回は触手ないしスライム系なものに身体の各所をなぶられるのが6作品ぐらいありました。(大人向け)雑誌でもここまで多いのはそんなに無いでしょ』と紹介されている。

またことり〜の週刊ダイアリー(仮)さんが、コミックヴァルキリーvol3収録の各作品「エロ度」「ピンチ度」3段階評価をされ、もっともエロ度が高いのは、宇岐多冬梧氏の『マガツキ−鬼士剣塵抄−』で、『読者の期待を裏切らない陵辱の宴。ぶっちゃけピンチで済んでおらず、エロ度MAXキター』とのこと。

なお今号には、独立創刊を記念し、クイーンズブレイドみたいな特別企画ヒロインズクライシスがあり、誌面イラスト下部のコードを入力すると『闘うヒロインの声』が聞けるようになっている。なおヒロインズクライシスのイラストは、クイーンズブレイドのエロ同人誌を描かれたジェット世渡り氏によるもの。

とらのあな1号店
メッセージペーパー
メロンブックス秋葉原店
メッセージペーパー
K-Books秋葉原新館
たちばな本店
たちばな総合館
【関連記事】
触手姫、ヴァルキリーコミックスなのに「健全」
「成年コミックコーナーにあるけど、一般コミックですから大丈夫!」
「エロスの限界突破マガジン」から、ヴァルキリーコミックス創刊(2007/08)
キャラ☆メル創刊号 「いきなり藤島康介&武内崇&奈須きのこ 三者面談」(2007/06)
フランス書院・コミックレヴォリューション創刊 「タイトルがヤバい」 
ドラマCD付コミックヴァルキリーVol5  「これで550円は安すぎだろ?」
鬼ノ仁短編集 愛情表現 「だってエロいじゃん」
COMICヴァルキリーVol2発売 「当店では大人向けです。本当にありがとうございました」
"一般誌"コミックヴァルキリー 「結構売れてる」
コミックヴァルキリー 「エロスの限界突破マガジンがついに発射!」
裏コンセプトは「エロピンチオンリーマガジン」 コミックヴァルキリー創刊0号

【関連リンク】
2006年に創刊・休刊したコミック誌の一覧 ソースぬるヲタが斬るさん
コミックヴァルキリーVol.3のエロピンチ度レビュー ことり〜の週刊ダイアリー(仮)さん
コミックヴァルキリー創刊3号 ボイスRPGでも楽しめます 大炎上さん
隔月刊コミックヴァルキリー 公式サイト
コミックヴァルキリー 収録作品紹介
ヒロインクライシス カラーイラストで闘うヒロインが 叫ぶ!えづく!うめく! イラストジェット世渡り
ゲーム批評 Vol.69 コミックヴァルキリーの広告あり



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 10:54| 商業誌[2006]  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/2557