【コラム・ネタ・お知らせetc】 PVCフィギュアをつくってる中国の玩具工場
PVCフィギュアをつくってる中国の玩具工場グッドスマイルのコラムをお届けします。何社か中国の玩具工場にお邪魔する機会があり、こんなに特徴が違うんだなぁ・・・と再認識しました。 キャパシティやマンパワーでは大工場がリードします。また中小工場さんのフットワークに助けられることもしばしばです。『意外性の国・中国』ですから、予想の少しななめ上をいくトラブル?が毎日発生しますが(笑)


建設中の「中国の玩具工場」
た、竹で囲んでます・・・・。
とりあえず完成した玩具工場の一棟

みなさん、こんにちは。年末に向けて怒濤のイベントラッシュが幕を開け、ホワイトボードの予定表の週末がどんどんイベントで埋まっていくグッドスマイルより15回目のコラムをお届けします。イベントが増えるにつれ、イベント班と営業チーム、さらには版権チームまでもが、ぎらぎらした目で最新のサンプルを抱えた製造チームを追い回します(笑)今回の書き手も、到着したばかりのサンプルを片手に、飢えたライオンを振り切るインパラのごとく、今日も事務所の中を所狭しと逃げまわる(笑)グッスマの開発番長アキ山でございます。

弊社を含むフィギュアメーカー各社が、毎月相当数のフィギュアを案内し発売させてもらっています。サイズも違えば、ポーズもデザインもさまざま。そのほぼ全てが中国の玩具工場で製造されていることは皆さんもご存じと思います。

最近何社か工場にお邪魔する機会があり、あらためてそれぞれの工場を見させてもらって、PVC製完成品フィギュアをつくってる工場でも、こんなに特徴が違うんだなぁ・・・と再認識いたしました。それこそ国内の各フィギュアメーカーが持つ特徴の違いに似てるかもしれませんね。

大きな建物に大勢の工員さん、ちょっと太めの口ひげのボス(笑)な〜んていうイメージを持たれている方、最近の中国工場は本当に凄いんです!でも大丈夫、どこかでそんなレトロな工場もしっかりしぶとく頑張っているはずです(笑)

とある工場の製造ライン
相当きれいなラインです!
別の工場の製造ライン
古いなりに結構きれい!?

まずは『中国の玩具工場』の規模。大工場では4000人を超える工員さん、中小工場では4〜500人からの工員さんと、同じフィギュアを作る工場でもその規模の違いに驚かされることもあります。

キャパシティやマンパワーという点では大工場が一歩も二歩もリードします、安定した製造キャパで計画的に進行することが可能ですね。しかしフットワークにおいて中小工場が上回ることも少なくありません。特に僕らホビー業界だと、少量で素早い対応が必要とされることもあり、中小工場さんのフットワークの良さに助けられることもしばしばです。

エンジニアリングにも大きな違いがあります。デコマス(彩色見本)をできる限りフォローしようと手を尽くした設計をしてくれる工場もあれば、もう一方でクライアント(この場合フィギュアメーカー)のターゲットプライスや想定する納期に合わせて、商品の仕様を量産しやすく設計変更して提案してくれる工場もあります。容易に想像できることですが、原型の彩色見本通りに製造しようと、量産品としては難易度の高い設計でライン進行してしまって、商品に個体差が強くでてしまったり、反対に、事前に製造的に難易度が高くないように調整して製造設計する事によって、安定感のある商品となったり・・・。この辺は『工場の特性』を見ながらの調整を重ねていくのです。

僕達も、新商品の製造開発を進めるときは、その商品のコンセプトや仕様を見つめ直し、国内製造メーカーさんにもご協力いただきながら、『ソノ工場にお願いして、アノ値段で、コノ品質を目指す!』という目標を設定します。意外性の国・中国での製造ですから、予想の少しななめ上をいくトラブル?が毎日発生しますが(笑)、そこは持ち前の楽観主義と粘り腰で解決して行きたいなと!


このコラムをご覧になっているフィギュアユーザーの皆さんも、ディスプレイされているフィギュアをみながら、ふと『このフィギュアには海を越えた遠い大陸の多くの工員さんの手間暇がかかってるのかぁ・・・』と思いを馳せて見てください。またちょっと違った見え方ができるかもしれません。

遠くの地で努力を続けてくれる工場に感謝しながら、毎日のようにとどくサンプルに今日も大盛りの修正指示が飛び交います(笑)

グッドスマイルカンパニー アキ山

【バックナンバー】
高額化?巨大化?する美少女フィギュア
燻し銀のニクイ奴、略称「取説」について
ねんどろいどシリーズ、オープンアーキテクチャー宣言
WF前日、こんなことやっているのは僕たちだけです..
年2回のワンフェスで、毎度毎度の締めきり地獄
香港・アメリカのフィギュア事情
巨乳58.9%、へそ出し64.8%
Pirate edition(海賊版)にご注意
引越と夏のイベント限定品
フィギュアパッケージの嗜み方
"フィギュアを量産する"ということ
「数量カット」するやせざるや
"高速道路"と"渋滞"
フィギュアができるまで


withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 06:19| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/2321

トラックバック

前に萌えよ!アキバ人ブログさんが、 あみあみの舞台裏についてのレポートをされ、 ウチのブログでも取り上げさせていただいたが、 今回はアキバBlogさんにフ...

【グッドスマイル】中国の玩具工場【成る程〜】 【しげログ mk-II】 at 2006年10月19日 11:36