アカツキ電光戦記 店頭デモ 「秋葉で格闘ゲームは衰退ジャンルではない」
サークルSUBTLE STYLEアカツキ電光戦記は、メッセ通販の紹介では『打撃、投げ、攻性防禦の「3すくみ」要素で読み合い重視のシステム。格闘マニアだけでなく入門にも最適です』としている2D格闘の同人ゲーム。メッセサンオー同人ソフト館でアカツキ電光戦記の店頭デモをし、『秋葉で格闘ゲームは衰退ジャンルではない』などとなっている。


アカツキ電光戦記 店頭デモ「秋葉で格闘ゲームは衰退ジャンルではない」
メッセサンオー同人ソフト館 アカツキ電光戦記・デモムービー
メッセ通販の作品紹介「打撃、投げ、攻性防禦の「3すくみ」要素で読み合い重視のシステム」
POPでも3すくみの紹介

4月30日からアキバの同人ショップで販売されているサークルSUBTLE STYLEアカツキ電光戦記を、メッセサンオー同人ソフト館が店頭デモをしていて、『BLと見てすぐにブロッキングと見えた者達に捧げる』、『秋葉で格闘ゲームは衰退ジャンルではない』などとなっている。

『アカツキ電光戦記』は、メッセ通販の作品紹介では『2D対戦格闘ゲームのエッセンスを凝縮したシンプルかつソリッドなゲーム性。 打撃、投げ、攻性防禦の「3すくみ」要素で読み合い重視のシステム。複雑すぎるコマンドは排し、格闘マニアだけでなく入門にも最適です』としている2D格闘ゲーム。

アカツキ電光戦記デモムービーでは、『シンプルな操作とシステムにより繰り広げられる白熱の戦い』と謳い、パッケージ裏面には『ハイレゾドット絵による美麗グラフィック。シンプルで奥深いハイクオリティ2D格闘ゲーム』とある。また、とら通販『格闘への探求心を育てるアイテムついに登場!!』 メロン通販『濃いキャラクター達と美しいグラフィック、操作性の良さにヤミツキになること間違いなし!』とそれぞれ紹介。

『アカツキ電光戦記』の取り扱いは、とらのあな・メッセサンオー・メロンブックス・ホワイトキャンバス。7日にみた時には、ホワイトキャンバスでは、完売したのか見つけられなかった。なお、とらのあなでデモを見て購入されたAloysの黒にっきさんは『実際やってみたら、まぁ突飛なところはないけど、良くできた格ゲーだとわかり、いい買い物をしたなぁーと…』とコメントされている。

『アカツキ電光戦記』デモムービー
アカツキ電光戦記対戦動画 魏vsアカツキ YouTube
アカツキ電光戦記対戦動画 アノニムvsアノニム YouTube

メロンブックス秋葉原店
メッセサンオー同人ソフト館
とらのあな1号店
大型モニターでデモ
【関連記事】
秋葉原で「ストリートファイターIV」のロケテスト
同人ゲーム「涼宮ハルヒの激闘」 発売
サークルBLUE&WHITEのテイルズギア 「本物のシューティングは壊れない!」
同人格闘ゲームBIGBANG BEAT発売 「秋葉は萌えだけじゃない、燃えもある!」
大番長の2D格闘ゲーム BIGBANG BEAT ロケテスト(試遊会)
ひぐらしデイブレイク改発売 「雛見沢は永遠に地獄だぜぇー!」
PS2版「北斗の拳」先行体験会、バーチャ5よりも盛況
PS3版バーチャファイター5発売 「店頭で1本も売れなかったのは初めて」
PS2版メルティブラッドAC発売 「今2D格闘をやるならコレ!」

【関連リンク】
痛いニュース(ノ∀`):格ゲーってなんでこんなに廃れたの? ソース怪人の集会所2さん
格闘ゲームがもう一度返り咲く日は来るのだろうか・・・ ニュー速クオリティさん
サークルSUBTLE STYLE
アカツキ電光戦記 
アカツキ電光戦記 Web体験版 ver.3.0

アカツキ電光戦記 登場人物
アカツキ電光戦記 ゲームシステム
 3すくみのシステム
同人ど〜らくさんで、対戦ロビーの動作テストが開始

『アカツキ電光戦記』デモムービー
アカツキ電光戦記対戦動画 魏vsアカツキ YouTube
アカツキ電光戦記対戦動画 アノニムvsアノニム YouTube

カツキ電光戦記特設ページ 独特の世界観と格闘ならではの駆け引きと醍醐味
(メッセサンオー)
SUBTLE STYLEが送る最新作『アカツキ電光戦記』好評発売中
(とらのあな)
サークルSUBTLE STYLE、本格対戦2D格闘ゲーム「アカツキ電光戦記」(メロンブックス)
突飛なところはないけど、良くできた格ゲーだとわかり、いい買い物をしたなぁーと…

アカツキ電光戦記 購入

対戦型格闘ゲーム ウィキペディア 衰退の原因
格闘ゲーム考察 格闘ゲームの発展と衰退の原因
アルファルファモザイクより「なぜ格ゲーは衰退してしまったのか」
格ゲー衰退の根本的な問題点と解決策とは?



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 09:47| POP 同人誌  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/3443