【コラム・ネタ・お知らせetc】 シャナ&シグルイ 画像では伝わりにくいポイント
ぃょぅ! 前回の超技術でヘタレ防止対策に引き続き登場のとらのあな竹ノ内です。自分も世界樹の迷宮を始めたわけですが、ギルド名は「クチャーズ」です。わかるヒトだけ反応してください。今回のコラムでは、ワンフェスで展示する試作品フィギュアの『画像では伝わりにくいポイント』を、あえて今回は文章で補足させていただきます。


2月25日(日)にビッグサイトで開催されるワンダーフェスティバルは、今回もトイプラさんとの合同ブース「TOYPLA+α&とらのあな」(D04-01)で参加しています。 会場でいろいろと試作品フィギュアも展示するのですが、『画像では伝わりにくいポイント』を、あえて今回は文章で補足させていただきます。

FineScenery 灼眼のシャナ シャナ (テストショットおよびハンドペイント)
髪の毛は、シャナの特徴でもある炎のようなイメージを再現するためにクリアパーツ
ついでにスカートもクリアパーツ
塗装は表面のみ

髪の毛はシャナの特徴でもある炎のようなイメージを再現するためにクリアパーツを使用し、毛先がうっすらと透明になるようにグラデーション塗装を施します。ペンダント(コキュートス)もクリアパーツで微妙な透過具合を再現(当初はツヤあり塗装も検討したのですが)。

ついでにスカートもクリアパーツにし、表面塗装のみで裏面塗装が肌に付着しないようにしました。 台座もクリアーレッド成型。製品では魔法陣(自在法)の紋様が表面に入ります。


■シグルイ 藤木源之助 (レジンキャストペイントマスター)
着物の家紋と袴の紋様はメタリックの顔料で転写デカールにプリントアウトしたものを使用

着物の家紋と袴の紋様は手書きでなく、デザインソフトでデータを起こし直した物をメタリックの顔料で転写デカールにプリントアウトしたものを使用。実物は光を反射して結構目立ちます。実際の製品製造時に使われる「タンポ印刷」(ゴム版画のようなイメージを想像してください)にもこの家紋・紋様データをそのまま使って再現します。

わざわざ文章で説明させていただいたように、印刷物ともまた違う『立体物ならではのこだわり表現』を造型以外にもいろいろ取り入れていきたいと考えています。 さらにワンダーフェスティバル2007冬の会場で実物を見ていただければ幸いです。

© 高橋弥七郎・メディアワークス/『灼眼のシャナ』製作委員会
© 南條範夫・山口貴由(月刊チャンピオンRED)2004-2007

株式会社虎の穴 竹ノ内

【バックナンバー】
超技術でヘタレ防止対策
全て刃物持ち。所詮血塗られた道か…!
大晦日まで行われた聖戦に、我々も参加してきましたよ
とらのあな「対企業ブース用 特殊戦闘スーツ」
生天目仁美 伊藤静 Special Live kotodama レポ
史上初かもしれないフィギュア先行コミック
「イタリアさん」のパッケージデザイン(仮)
とらのあな福岡店、でっかく移転リニューアルオープン
超技術とご厚意の「3Dスキャンフィギュア」
秋にかこつけてますが、基本的には「年がら年中BL」
巷(主にアキバ)の男子のハートを鷲掴み「キャストオフ」
夏のワンフェス、展示に間に合わせたかった「シグルイ」
初の全商品完売 「すべて完売しますた」
台湾最大級の同人誌即売会 「Frontier 開拓動漫祭」
Cafe with Cat、オープンめがけてネコまっしぐら♪
始まったばかりのアキバ文化の世界進出
Mig60(通称ロシアさん)のヒミツ
Cafe with Cat 制服初公開
「虎ノ門」と間違えられるんです
いつでもどこでもチュー
とらのあな秋葉原2号店、1号店と統合
アキバ!AKIBA☆あきば の収録は"会議室"

withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 08:01| コラム  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/3026