東京オリンピックの年にオープンした「ロケット」 中央通りから姿を消す
「激安」という言葉を生んだというロケットが、中央通りから姿を消した。Welcome To Rocket!でも知られるロケットは、ウィキペディアによると『かつて秋葉原を本拠に関東一円で展開していた家電量販店』。「激安」という言葉を考え出された辻氏によると、ロケット1号店(当時ロケット本店)は、東京オリンピックの年の昭和39年にオープンしたみたい。


東京オリンピックの年にオープンした「ロケット」 中央通りから姿を消す
ロケット1号店が閉店  閉店の案内(手書き)
ロケット 激安""
蛍光色の看板
ロケットのエライ人が考案されたという「激安」
中央通りから姿を消す
「ロケット」のロゴ

「激安」という言葉を生んだロケットが、中央通りから姿を消した。 Welcome To Rocket!でも知られるロケットは、「激安」という言葉を考え出された辻氏によるとロケット1号店(当時はロケット本店)は、東京オリンピックの年の昭和39年にオープンしたそうで、40年以上営業していたことになる。

『ロケット』はウィキペディアによると『かつて秋葉原を本拠に関東一円で展開していた家電量販店。ピーク時には356億円を売り上げるほどの規模にまで成長したが、バブル崩壊後の不況やPC販売の遅れ、家電量販店間の競争の激化により経営状態が悪化』という会社。2000年1月に民事再生手続きを申請し、民事再生手続きの申請時には、MYCOMジャーナルでは『再建が、うまくいくかどうかは専門家の間でも意見が分かれている』と伝えていた。

中央通りのロケットのお店は、ロケット5号店もあったけど3月18日で移転(閉店)していて、2005年12月に閉店したロケット本店と、2007年3月にロケット1号店・5号店が閉店したことで、ロケットのお店は、カード下のアマチュア無線 本館だけの1店舗になったことになる。

ゲーマーズ本店を拡大 「AKIHABARAゲーマーズ本店」 2008年7月開店予定

2007年3月18日で移転(閉店)したロケット5号店と、25日で閉店したロケット1号店
ロケット5号店
総武線からよく見えるビル壁面の広告は外されている
「冷蔵庫・電子レンジ
ビデオ・テレビ・マイコン・ステレオ」
ロケット5号店移転告知
跡地は飲食店ビルらしい
【関連記事】
アキバの未来 秋葉原の歴史がまた1ページ
秋葉原のツクモ(九十九電機)が倒産 倒産前夜の現金特価(2008/10)
【北京オリンピック】 イタリアバレーボール協会 中国観光よりも日本観光?
女性向けスイーツカフェ 「ポワソンルージュ金魚茶屋」がオープン
電撃HOBBYプロデュースのお店 「スーパーモデラーズ」 14日開店
中央通り1Fの空き物件は競争多数? 申し込みが20社みたい
ゲーマーズ本店を拡大 「AKIHABARAゲーマーズ本店」 2008年7月開店予定
「ジャンク通り」にイタリアンカフェ「CAFE EURO」がオープン(2007/07)
PC-Success跡地に「フェイス アキバ店」開店(2007/06)
PCサクセス(PC-Success)倒産。最盛期は売上200億円
秋葉原はこれでも「電気街」なんですか?
アキハバラデパートが閉店した
「パソコン発祥の地」ラジオ会館から、パソコン屋が消えそう
秋葉原駅前のサトームセン駅前6号店、「都合により」閉店
「秋葉でガイドで聞きました 秋葉原に来た目的は?」 家電・電気まつり4位(14%)

「秋葉原では、毎月5〜10店が閉店し、同じくらいが開店する」
名前こそ「電気街口」だけど、目立つ広告は家電・パソコン以外
「この街ほんと変わり過ぎ」 秋葉原のビル工事いろいろ
先日10周年を迎えたPCパーツ老舗 「俺コンハウス」 閉店へ
「ここは本当に電気街なのか?」by Yahoo!エンターテイメント(2005/01)
そろそろ「秋葉原電気街振興会」から「電気街」をはずした方が(2004/11)

【関連リンク】
ゲーマーズ本店のゲーム館は閉鎖しちゃうの?
秋葉原が電気街になったのはなぜ?「オタクの聖地」の歴史 | R25.jp ソースはてブ
「秋葉原の街」の変遷 今後の秋葉原もさらに変化
ロケット1号店の解体作業完了、新ビル着工
旧ロケット1号店のビル解体−新ビル建設へ 入居テナントなどは未決定
旧ロケット1号館の跡地 9階建てのビルが建つという建築計画書
秋葉原ロケット5号店に謎の献花が… 桀紂屋さん
江響電器株式会社(ロケット) web魚拓
ロケット (家電量販店) - Wikipedia
ロケットの歌 Welcome To Rocket!
週刊デジタルデマンド - カリスマ店長 秋葉原 ロケットソフト本店様
「激安」はロケットが40年前に初めて使用したとかトリビア的な情報 

旧式の秋葉原の印象
新式の秋葉原の印象 たまごまごごはんさん
エンジニア魂をゆさぶるアキバ電気街は永久に不滅だ!/Tech総研
5年後の秋葉原を歩く:アキバの未来は「新宿」「池袋」「アキバ」
「オタクの街:秋葉原」は国際観光地 国交省も積極的アピール
初めて秋葉原に行ったときの印象 ソースHK-DMZ PLUS.COMさん
“アキバはオタクの街”8割占める(2005/08) 電気街91.1%、オタクの街80.7%
【ファンキー通信】秋葉原はなぜ流行の最先端スポットになったか?
秋葉原の歴史
秋葉原の起源

中央道りから家電量販店が減っていく!ロケット1号店も閉店
家電のロケット(1・5号店)がおひっこしします

大きな電器の専門店 〜 ロケット1号店 〜
 2005年2月
秋葉原短歌(168)〜(175)「ロケット本店の追憶」

ロケット本店・死亡確認 2005年12月

【レポート】秋葉原の老舗、ロケットが民事再生手続きの開始申請
ロケット、民事再生手続きを申請 2000年1月



withAjax Amazon | posted by アキバBlog(秋葉原ブログ) geek at : 14:26| よもやま 開店/改装/閉店 街の様子  



このエントリーへのトラックバックURL

http://www.akibablog.net/mt/mt-tb.fcgi/3220

トラックバック

少し前にナカウラ本店さんの閉店をお伝えし、先日サトームセン本店さんが3/31で閉店するというご紹介をしたばかりですが、また秋葉原の老舗の電器店が閉店してし...

ロケットソフト1号店&5号店閉店 − 電気街の象徴ともいえる看板を取り外し中 【秋葉原マップ】 at 2007年03月30日 19:18